はぐくみオリゴ 妊娠中 便秘解消

副交感神経への切り替えをスムーズにする方法

副交感神経への切り替えをスムーズにする方法

妊娠中は、思った以上にストレスが多いものです。
ストレスは交感神経を活発にし、副交感神経の働きを阻害します。
ホルモンバランスが原因で起こる妊娠中の便秘ですが、副交感神経が上手く働かないことで更に悪化させてしまうことがあります。

 

ここでは、交感神経から副交感神経に、スムーズに切り替えるための簡単な呼吸法をご紹介します。

 

@お腹に手を当てて、5秒を目安に、ゆっくり鼻から息を吸います。
A吸ったときの倍の時間(この場合は10秒)をかけて、口から息を吐きます。
B最初は呼吸を往復で15秒4回繰り返します。

 

慣れてきたら、12往復、3分を目安にするとより効果が期待できます。

 

大切なポイントは二つです。

  • 息を吸う1:息を吐く2(数字は時間的な長さです)
  • 息を吐き切ることを意識する

 

たったこれだけですが、副交感神経を優位にするスイッチとしてかなり有効です。

 

この方法は、妊娠中に起こりやすいイライラなどにも効果があります。
イライラも、交感神経を刺激しますので、自分が怒りっぽくなっていると感じたら、この呼吸法を実践してみましょう。

 

 

もっと即効性のある便秘解消法はこちら⇒

 

便秘が胎児に与える影響とはぐくみオリゴの安全性はこちら

関連ページ

腸のマッサージ(腸もみ)
妊娠中の便秘解消に効果が期待できる方法をご紹介します。腸セラピーという本格的な腸マッサージがありますが、果たして妊婦さんがしても安全なのか?妊婦さんが行っても大丈夫な腸マッサージはあるのか調べてみました。
綿棒で刺激する方法
妊娠中の便秘解消に効果が期待できる方法をご紹介します。赤ちゃんが便秘の時によく使われる方法ですが、妊婦さんが行っても問題はないのでしょうか? 具体的なやり方を調べてみました。
軽い運動(ヨガを取り入れてみる)
妊娠中の便秘解消に効果が期待できる方法をご紹介します。最近は、マタニティヨガなどの教室も増えました。妊婦さんたちが悩みを共有しながらストレス解消できるヨガは良いものですが、便秘解消はできるのでしょうか?
ウォシュレットで刺激する
妊娠中の便秘解消に効果が期待できる方法をご紹介します。短絡的で、しかも良い方法とは言えませんが、どうしても出そうで出ないという時は、効果抜群の方法です。
便秘解消のための簡単なツボ刺激
妊娠中の便秘解消に効果が期待できる方法をご紹介します。便秘解消に効果があるというツボをご紹介します。簡単な刺激方法もご紹介していますので、参考にしてみてください。
副交感神経の働きを活性化させる方法
妊娠中の便秘解消に効果が期待できる方法をご紹介します。快便は副交感神経が司る領域です。妊娠中のホルモンバランスの変調で、鈍ってしまう副交感神経の活性化に取り組んで、便秘解消に繋げましょう。
洋式トイレの座り方を工夫してスムーズに排便する方法
妊娠中の便秘解消に効果が期待できる方法をご紹介します。そもそも、洋式トイレが便秘を増長している原因の場合はあります。では、どうしたら良いのでしょうか?
ホーム RSS購読 サイトマップ